知っておきたい。葉酸サプリの効果!

妊娠期から授乳期にわたり、胎児の発育に欠かせない栄養素とされる葉酸ですが、その成分を安全に抽出し飲みやすい錠剤にしたのが葉酸サプリです。

厚生労働省や母子健康手帳でも葉酸の摂取の重要性が明記されています。
母子健康手帳では胎児の奇形発生を未然に防止するため、1日400μgの葉酸を摂ることが推奨されています。
さらに注目したいのは、厚生労働省が「食品以外に葉酸サプリからの摂取」を推奨していることです。

ところで、葉酸サプリを用いることでどのような効果が期待できるのでしょうか。
それは裏返すと、葉酸を摂り入れないとどのような悪影響が出るかということでもあります。
そもそも、葉酸は人間の身体を構成するアミノ酸および核酸(DNA・RNA)の生成の補酵素として働き、葉酸が不足すると間違ったDNAで細胞が造られるため、悪性貧血や細胞の癌化などのリスクが高まるとされています。

また、細胞が活発に分裂する妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の神経管欠損が起こり、脳や脊髄の神経管に先天異常を発生させると報告されています。
葉酸サプリはこうしたスクを低減させる効果があることで注目を集めています。
加えて、葉酸サプリは動脈硬化予防にも有効であることが分かっています。

なお、葉酸は焼き海苔や納豆、ほうれん草などの食材にも含まれていますが、その大部分がポリグルタミン酸型で、生体利用率は50%以下と効率的ではありません。

一方、葉酸サプリはモノグルタミン酸型で、安定性があることと生体利用率が高いことが特色です。

葉酸の効果を最大限に引き出す葉酸サプリは妊娠した女性に必要な栄養素というイメージが定着していますが、男女を問わず、健康な身体を造るために摂り入れたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク