葉酸サプリは妊活を始めた時から授乳期までの大切な伴走者

人間の発育や健康に欠かせないビタミンである葉酸ですが、特に妊娠期や授乳期の妊婦にとっては絶対に忘れてはならないものです。

食品からの摂取には限界があるため、厚生労働省は通常の食事に加え、葉酸サプリなどで1日400μgの葉酸を摂ることを推奨しています。

そこで気になるのは、いつまで服用を続ければいいかということです。
これに関しても、厚生労働省は妊娠1ヶ月前から妊娠後3ヶ月までは葉酸サプリによる摂取を薦めています。

妊娠初期は胎児にとって活発に細胞が生成されるため、間違った遺伝子情報がコピーされると先天性障害を引き起こす危険性があります。
葉酸はこの不具合発生をなかったことにしてくれる優れものなのです。

しかし、妊娠後3ヶ月で葉酸サプリの服用をやめてしまっていいかというとそれは違います。
出産後、授乳期まで葉酸はずっと必要な栄養素であることには変わりがありません。

ただ妊娠後3ヶ月を過ぎると摂取すべき葉酸の量は減少していきます。
厚生労働省はこの時期の推奨量を480μg(食事性葉酸)としています。
食事性葉酸とは食物に含まれる葉酸ですが、体内には50%ほどしか吸収されないため、それを補う意味でも葉酸サプリはまだ手放せないのです。
もちろん、サプリの量もそれまでに比べて大きく減っていきます。

そして無事出産したら授乳期に入りますが、ここでも葉酸サプリは食事性葉酸の補助栄養食品として欠かすことはできません。

赤ちゃんが成長するために必要な母乳ば母親の血液から作られるので、造血作用をもつ葉酸を摂取することは重要な意味をもつのです。
母乳から離乳食に移行した段階で葉酸サプリを服用することは終了といえます。
しかし、葉酸は生涯を通じて健康な暮らしを営むために不可欠の栄養素ですし、その後も一定量の葉酸は必要です。

ちなみに、一般的な成人女性の場合、1日240μgの食事性葉酸を摂ることが好ましいと言われていますので、葉酸を意識した食事を心がけるようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク