どうしたらいいの?失敗のない葉酸サプリの選び方

最近、話題の葉酸サプリですが、その選び方で皆さん、苦労しているようです。
情報が雑多にあふれていて、どれを信じたらいいのか分からなくなるからです。
一番多い疑問は、葉酸サプリには天然葉酸を用いたものと合成葉酸のものの二種類があることです。
赤ちゃんの体内に入るものだから、できるだけ天然葉酸で無添加のものがいいという声も理解できますが、どうもそんなに単純なものではないようです。

ネットなどで調べてみると分かりますが、天然葉酸はポリグルタミン酸型で、合成葉酸はモノグルタミン酸型と表記されています。
この型の違いが重要で、ポリグルタミン酸型は天然素材を用いていますが体内の吸収率が50%しかなく、一方のモノグルタミン酸型は合成葉酸ですが吸収率は85%もあります。
妊娠して悪阻(つわり)があるときに飲むサプリですから、できるだけ吸収率の良いものを少しだけ服用する方が体へのストレスは抑えられます。
もう一つ、重要な違いがあります。
それは品質の安定性です。
ポリグルタミン酸型の天然葉酸は産地や収穫時期などによって品質にバラツキが出やすく、含有する成分の全てが明らかになっていないため、100%の安全性を担保されているとは言えないのです。

そうしたことを加味してなのか、厚生労働省が母子手帳などで推奨しているのは合成葉酸(モノグルタミン酸型)です。
もちろん、合成葉酸の安全性もチェックした上で薦めているもので、天然=安全、合成=危険という短絡的な捉え方はしない方がいいでしょう。
どうしても天然葉酸にこだわりたいのなら、その葉酸サプリの成分を厳密に調べて、不明なものが含まれていないことを確かめてください。
いずれにしても葉酸サプリは妊娠中に不足しがちな葉酸を補うもので、胎児の神経管閉鎖障害リスクを減らすために必須の栄養素ですから、早めに摂取を始めることが肝心です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク