意外と知らない葉酸サプリの成分を調べました

妊活中や妊娠中の女性に不可欠の葉酸を補ってくれる葉酸サプリですが、どんな成分で構成されているかが気になるのは当然です。
いろいろな商品が販売されていますが、基本的に押さえておきたいのは、葉酸にはモノグルタミン酸型とポリグルタミン酸型の2種類があるということ。
どちらがいいということはありませんが、厚生労働省が推奨しているのはモノグルタミン酸型です。
その理由は吸収率の違いにあります。
ポリグルタミン酸型が体内吸収率50%であるのに対し、モノグルタミン酸型は85%と吸収率が高いというメリットがあるからです。
葉酸サプリはモノグルタミン酸型かどうかを確かめて購入しましょう。

さらに、葉酸サプリは各社ごとに色々な成分が含有されていますので、その違いを理解しておくことも大切です。
そこで、人気の葉酸サプリに含まれる成分を詳しく調べてみました。
人気トップの『ベルタ葉酸サプリ』は天然酵母モノグルタミン酸型であるだけでなく、妊娠中に不足しがちな鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラルがバランスよく配合されているのは特筆ものです。
また、原料となるのは野菜ですから放射能や農薬が気になりますが、製造過程で第三者機関の厳しいチェックがあるのも安心です。
その他、『はぐくみ葉酸サプリ』ではオーガニックレモンから搾った葉酸(400ug)のほか、無農薬のハーブから抽出したビタミン・ミネラルなどを含んでおり、すべて天然成分が原材料となっているのが特色です。

また、『AFC葉酸サプリ』の場合は、天然ではなく合成の葉酸が使用されています。
合成葉酸の安全性は、厚生労働省が推奨している葉酸サプリが合成葉酸であることからも分かります。
なお、天然成分の葉酸には胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させる科学的根拠がないという報告もあるので、合成葉酸が推奨されているのかもしれません。
品質とコストのバランスが良いのもこのサプリの人気の秘密です。
結論は、いいところだけを強調した過大な宣伝に踊らされず、自分の目で確かめて最適の葉酸サプリを選ぶことが、これから生まれてくる赤ちゃんのために一番なすべきことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク