葉酸サプリは医療費控除が受けられる?

妊娠して元気な赤ちゃんを産みたいと、女性の誰もが願うことです。
女性雑誌やテレビなどでも、婚活中に葉酸サプリを服用した有名人を取り上げたりして、妊娠と葉酸サプリの関係が徐々に知られるようになってきました。
妊活中の女性や妊娠初期の妊婦で、食事だけでなくサプリメントでも葉酸を摂取する人が増えているとか。

一般的に、理想的な摂取の期間は、妊娠を考え始めた時から出産し授乳が終わる頃までとされているので、かなり長いスパンで葉酸サプリを飲み続けることになります。
それだけに経費がかさみますし、できれば葉酸サプリも医療費控除ができたらいいのに、と考えてしまいますよね。
そこで葉酸サプリは医療費控除が受けられるのか、受けられないのかを調べてみました。
その前に基本的な情報として、医療費控除とは何かを説明しましょう。
医療費控除とは自分自身や家族が医療費を払った場合、1年を通じて10万円を超えたケースに限って、一定の所得控除を受けられるというシステムです。

不妊治療費をはじめ、風邪薬の処方や虫歯などの治療、病院への通院費、タクシー代なども、医療費控除の対象となります。
では、葉酸サプリの購入は医療費控除の対象となるかと言うと、「ならない」というのが答えです。
薬局やドラッグストアで手に入る風邪薬は医療費控除の対象となるのに、葉酸サプリはなぜダメなのかというと、医薬品であるかどうかの違いがあるからです。
医薬品は厚生労働大臣や都道府県知事が認めた病気の予防や治療の薬ですが、葉酸サプリは補助栄養食品であり、医療費控除は認められないのです。
とはいえ、妊娠・出産を考える人にとって必須の葉酸サプリですから、定期購入などで、できるだけコストを抑えるのが賢い対処法といえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク